SET 5分でタイ株NEWS | 8月17日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • R&B Food Supply(RBF)は、Osotspa(OSP)の子会社と美容・ボディケア製品の製造を目的としたヘンプオイルの購入契約を締結しました。
    さらに、同事業者は、CBD-THC抽出物の注文を現在6~7件受けていることを明らかにしました。
    RBFは、今年上半期の純利益を1億8,297万バーツと発表しましたが、コスト増により28.60%減少しました。
    しかし、2021年の売上高は同社の目標である10~12%の成長に達することを確認した。
  • アジア・プラス・セキュリティーズ(ASPS)は、市場が変動する中で、PERが15倍以下で、配当利回りが高く、ファンダメンタルズがしっかりしている、STA、STGT、AP、SPALI、NER、CPF、TVO、EGCO、RATCH、PTT、LHを筆頭とした中・大型株11銘柄への投資を推奨した。
  • Ratch Group(RATCH)は、今年は期待を上回る業績を上げることができると確信している。
    RATCH社は現在、970メガワットの発電所への投資交渉を行っており、年内に1-2件の取引が成立する見込みです。
    さらに、来年半ばまでにさらなるメガプロジェクトの獲得を見込んでおり、2021年から2022年にかけての投資拡大計画を支えるため、300億バーツの増資計画を進めています。
  • Srisawad Corporation(SAWAD)は、21年2Qに12.61%増の11億600万バーツ、21年上半期に22.43%増の24億6700万バーツの純利益を記録した。
    アナリストは、債権回収手数料の引き下げは、銀行や金融グループにとって主要な収益源ではないため、影響はごくわずかであると指摘しています。
    銀行が回収手数料から得ている収益は全体の1%に過ぎません。
  • 電子商取引ビジネスのブームを受けて、NRインスタント・プロデュース(NRF)は、2023年の売上目標を当初の30億バーツから40~50億バーツに引き上げた。
    同社は、今後2年間の投資のために約20億バーツを確保しており、今年の売上高は50%増になると繰り返し述べている。
    NRFは21年3Qにバーツ安と輸出増の恩恵を受けたいと考えており、ヘンプ事業は22年1QにCBDの販売を目指している。
    植物性食品については、PTTとの合弁会社で、22年第3四半期に生産を開始する予定です。
  • アブソリュート・クリーン・エナジー(ACE)とセルサン・パワー・コーポレーション(SSP)は、今年の第2四半期に優れた業績を上げました。
    ACE社は46.7%増の3億6650万バーツの純利益を計上し、近々Klong Khlung VSPPのCODを開始する見込みです。
    一方、SSP社は60%増の2億4,000万バーツの純利益を計上し、21年第4四半期にはベトナムの48MW風力発電所のCODを開始する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました