SET ドミノ・ピザ21Q1比で売上高47%増加。| Wグループって何、知らなかった。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

スポンサーリンク

Wow Factor Public Company Limited(W)のエグゼクティブディレクターであり、Domino Asia Pacific Company Limited(DOMINO’S PIZZA)(子会社)のCEO(最高経営責任者)であるSirat Ratanapaitoon氏が、Wグループの2021年6月30日に終了した6ヶ月間の業績を明らかにしました。

6ヶ月間の総収入は1億8,379万バーツで、前年に比べて3,907万バーツの減少となりました。

電子部品の製造・販売事業からの収入は、2020年10月のEIC SEMIの売却により149.35百万バーツと完全になくなっており、総収入が今年より減少していることがわかります。

一方、食品事業の収入は、前年同期に比べて大幅に増加しており、すなわち、フードホールディンググループ(「かごの屋」ブランド、「BAKE」製菓グループ、「Le Boeuf」)の売上高は116.45百万バーツで、約42.94百万バーツの増加、「DOMINO’S PIZZA」の売上高は67.34百万バーツで、約7.60百万バーツの増加となっています(前オーナーのもとでの前年同期比)。

しかしながら、第2四半期の売上高を第1四半期の売上高と比較すると、第2四半期のみで考えると、Wグループの総売上高は87.78百万バーツに相当し、Food Holdingブランドの影響により8.23百万バーツ減少しました。

年初から広がり始め、現在まで激化し続けているCOVIDの状況の影響です。また、国がショッピングセンターでの限定販売を発表したことも影響。

消費者のプレミアム商品に対する購買力の低下と相まって、「DOMINO’S PIZZA」の売上は大きな矛盾を示しました。

すなわち、売上高は40.06百万バーツで、21年第1四半期の12.78百万バーツから増加し、成長率は46.83%となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました