SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 8月16日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

今日の主な市場関連ニュースまとめ

  • SET指数は1,531.24ポイントで、2.92ポイント(0.19%)上昇し、売買代金は771億バーツとなりました。
    アナリストは、タイの株式市場は1,510ポイントの支持水準に達した後に反発したと述べ、市場の高いボラティリティを見て、タイのCovid-19の状況が改善されていないことから、今週の動きは1,545~1,510ポイント程度になるだろうと予想している。
    一方で、9月には他の地方でもCovid-19の症例が増加すると予想されており、アナリストは今は株の購入を急ぐ必要はないとコメントしている。
    さらに、アナリストは明日のセッションではSET指数が減速すると予想しており、1,510~1,525ポイントの範囲での動きになるとしている。
  • 午後のセッションでは、外国人投資家がSET指数を押し上げ、3ポイント上昇して終了しました。
  • 日本では、Covid-19の患者数増加に対処するため、非常事態宣言を9月中旬まで延長する見込み。
  • タリバンは、アフガニスタン政府を転覆させ、「戦争は終わった」と宣言しました。
    一方、アシュラフ・ガーニ大統領は、流血を避けるために国を解放した。
  • タイの2021年第2四半期の国内総生産は7.5%拡大、今年上半期は2%成長だった
  • タイ国際航空、21年6月期は総経費の大幅減で110億バーツの黒字に。
  • BANPUの株価は、アナリストが予想した増資前の希薄化効果と同様に26%下落しました。
  • RBFは、21年2Qの純利益が0.91%減の1億798万バーツ、売上高が7億8800万バーツとなった。
  • Taokaenoi Food & Marketing社は、中国での販売が減速したため、21年第2四半期の純利益が75%減少した。
  • SABINA社はCOVID-19に耐え、24.30%の増益で第2四半期を終えた。
    コストをコントロールすることで純利益率は21年上半期から10.8%に上昇し、下半期の好調な業績に向けて短期計画にシフトしている。
  • NRFの21年第2四半期の純利益は、コンテナ不足の影響と子会社のPlant And Bean Ltd.の損失補填により、49%減の1,069万バーツとなった。
    一方で、ニューヨークに拠点を置く現代的な栄養補助食品の新興企業であるWellPath社に1億3,500万バーツの投資を予定しています。
  • RATCH社は、純利益が21億2,200万バーツとなり、関連会社および合弁会社の利益の分配により97%増加した。
  • TIDLOR社の21年第2四半期の純利益は176%増、売上総利益率は13.6bps上昇。
  • 2021年8月16日の注目銘柄。
    CPF(Asia Wealth Securities TP at 43.00฿/株)
    LH(Maybank Kim Eng Securities TP at 9.32฿/株)

コメント

タイトルとURLをコピーしました