SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 8月9日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

今日の主な市場関連ニュースまとめ

  • SET指数
    SET指数は1,540.19ポイント、18.47ポイント(1.21%)上昇し、売買代金は698億バーツとなりました。
    同アナリストは、タイの株式市場は、回復率が2万件をわずかに下回った新規感染率と同程度に上昇したことから、Covid-19の見通しが良くなることを期待して高く取引されたと述べています。
    状況の改善を期待して、AOTやCRCなどの再開テーマや銀行セクターに買い圧力がかかりました。
    また、アナリストは、今日の急騰と明日の政治集会を受けて、SET指数の上値は限られると予想し、支持水準を1,530ポイント、抵抗水準を1,547~1,550ポイントとしている。
    地元金融機関の23億バーツの買い越しにより、SET指数は18.47ポイント上昇して引けた。
  • 金取引
    日曜日の金スポットは、投資家がFRBの早期テーパリングを推測したため、1オンスあたり1,688.13米ドルまで下落しました。
  • サウジアラビアの石油会社アラムコ
    アラコムは、原油価格の上昇と需要の回復により、21年第2四半期の純利益が288%増となった。
  • タイ産業信用指標
    タイの産業信用指標は7月に14ヶ月ぶりの低水準に落ち込んだが、これはCOVID-19の発生が国中に広がり、制御不能な状態が続いているため。
  • タイ個別銘柄ニュース
    • GULF社とPEA社が115/22kVのスイッチヤード、変電所、配電システムのサービス・メンテナンスに関する契約を締結。
    • DCCは、2021年6月30日までの第2四半期の営業成績を2%増の4億5330万バーツ、1株当たり利益を0.052バーツと発表。
    • TUの21年6月期第2四半期の純利益は23億4,300万バーツで、好調なコア事業の営業利益やRed Lobsterの黒字化により、過去最高となりました。
    • NERは、販売台数の増加に伴い、第2四半期で95%、6ヶ月間で182%の増益を達成し、0.07バーツの配当を実施しました。
    • PSLの株価は5.15%下落したが、これはカントリー・グループ・セキュリティーズが厳しい評価の中で利益確定を推奨したためである。
    • SUPEREIF は第 2 四半期に純利益が 10%増加し、0.25204 バーツの現金配当を実施した。
    • BANPUは、天然ガスおよび石炭事業の売上増加により、赤字から黒字に転換し、13億2,500万バーツの利益を計上した。
    • Banpu Powerの21年第2四半期の収益は、HPC、Nakoso、バーツの減価償却費の利益配分により65%増となった。
    • 2021年8月9日の注目銘柄。GPSC (Asia Wealth Securities TP at ฿98.00/株)、TU (Maybank Kim Eng Securities TP at ฿24.00/株)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました