SET 5分で午前中NEWS | 12月23日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • JMT Network Services (SET: JMT) がカシコンバンク (SET: KBANK) と待望の提携を正式に発表したことを受け、今後6年間、JMTの利益が毎年少なくとも30%増加すると予想するアナリストが多数、目標株価をTHB75.00-77.00に引き上げました。JMTは今月100億バーツのキャピタルゲインを獲得し、その結果、債券購入の信用枠が2022年に150億バーツ、2023年に200億バーツに引き上げられると予想されています。一方、ジェイマート(SET:JMART)は、JMTとKBANKの提携により大きな利益を得る見込みで、2022年の利益は前年比54%増の19億6000万バーツに達すると予想されています。JMARTの目標株価は60.00バーツに引き上げられた。
  • ワールド・フレックス(SET:WFX)は本日(12月23日)、タイ証券取引所での取引を開始する。アナリストは、WFXが良い反応を受け、高い売買代金が得られると予想している。WFXは、9月30日に終了した9カ月間で1億8800万バーツ(218%増)の利益を計上した。WFXの目標株価は1株当たりTHB10.10-12.40に設定されています。
  • ユグドラシル(SET:YGG)は、第4四半期の堅調な業績により、通期の収益が15~20%改善すると見込んでいる。また、2022年初頭に「Home Sweet Home: Survive data 2」と題したホラーゲームを発売し、来年まで勢いを維持する見通しだ。
  • PTT Exploration and Production (SET: PTTEP) は、2022年4月の移行期間中にエラワン油田のガス生産量が生産分与契約に定められた日量8億立方フィートの目標に達しなかったことについて、政府の罰金は必要ないことを確認しました。しかし、PTTEPは、ボンコットガス田、アーシットプロジェクト、JDA油田で日量2~2億5千万立方フィートの増産を計画しており、エラワン油田への投資として7億米ドル以上、約200億バーツを確保した。
  • B.Grimm Power (SET: BGRIM) は、Eastern Cogeneration (E-COGEN) のコジェネレーション発電所(総設備容量360MW)の買収を既に完了しています。一方、イースタン・パワー・グループ(SET: EP)は、今年12月中にユニベンチャーBGP社の株式をE-COGEN社に売却することで、113億3490万バーツを得る見込みです。

最後にご紹介

タイで生活するにはいくら必要なのか🤔 バンコク生活費まとめ 毎月更新中!

バンコク生活費公開
「バンコク生活費公開」の記事一覧です。

[決定版]タイ株これだけ買えば良い!全11銘柄 おすすめランキング!

[決定版]タイ株有名も業績危ない全16銘柄 逆おすすめランキング!

タイ株 配当16%超も! 高配当ランキングまとめ! 2021年9月更新

[保存版]タイ銀行比較! 金利1.5%のこの銀行口座を作ろう!

ご興味があれば、こちらも是非見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました