SET 5分で午前中NEWS | 11月30日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • オミクロン・バラエティへの懸念から、ファンドはポートフォリオの半分を売却しました。アナリストはSET指数のテクニカルな反発を予想しており、1,600から1,620の間に抵抗があると見ています。CPALL、GLOBAL、SCC、OR、TOPが最も売られすぎている銘柄です。
  • NRFは、21年第4四半期に過去最高の四半期利益を、また通期でも過去最高の業績を予想しており、売上高は合併による需要増と利益計上により、来年には45~55%拡大すると予想している。さらに、NRFは今後3年以内にGTHをタイ証券取引所に上場させることを計画しており、「HEMP HOUSE」の小売チェーンを1,000店舗に拡大することを目標としています。
  • ACE社は、カンペンペット県クロンクルン郡にある9.9MWのVSPPバイオマス発電所の商業運転開始日(COD)を達成しました。収益計上は21年第4四半期からで、年間売上高は約3億1,000万バーツを見込んでいます。
  • BANPUとBPPは、日本の20MWプロジェクト気仙沼太陽光発電所の商業運転開始日(COD)を発表しました。BANPUは、エネルギー事業の開発目標である2025年に6,100MWを達成するために、アジア太平洋地域のように魅力的な成長が見込まれ、政府の政策が支援されている市場に焦点を当てて、引き続き投資機会を求めていくと述べています。
  • ANAN社は、今回のライト・オファリングによる新規発行株式の申し込みに圧倒的な反響があり、同社のファンダメンタルズと持続的成長力に対する投資家の信頼を示していることを明らかにしました。一方、PF社では、来年の売上高を160億5,000万バーツと見込んでおり、新たに15件、257億1,000万バーツのプロジェクトを開始する予定です。また、NOBLE社では、18件のプロジェクトを立ち上げ、474億バーツの収益を見込んでおり、2022年には165億600万バーツの収益を見込んでいます。

最後にご紹介

タイで超長期保有し売却益を狙える銘柄はこれ!という11銘柄を、以下で纏めています。

[決定版]タイ株これだけ買えば良い!全11銘柄の長期保有おすすめランキング!銘柄一気に比較まとめ配当情報付[株価上昇率順]
2021年9月調べ高成長銘柄トップ11⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-set-stock-long-term-investment-recommend/

ただし!避けるべき!という高配当でも業績が良くない、株価が良くない銘柄も存在します。
タイ株銘柄の中で避けるべき銘柄代表ADVANC, DTAC, TRUEの3大キャリアはもちろんPTT, TOPなど。
そんな16銘柄を厳選してご紹介しているのはこちら⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/low-cagr-low-potential-set-stocks/

やっぱり私は高配当株を保有したい!という方に、高配当株を業績関係なしに上からトップ10並べている記事もあります。

2021年9月の高配当トップ10⬇
SET 配当16%超 タイ株配当トップ10まとめ 2021年9月
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/post-2473/

また手堅く銀行預金でガッチリ守りたいという方向けに、タイの銀行金利比較も以下でしています。
金利1.5%!タイの銀行を選ぶならココ!条件なし普通預金金利比較ランキング!ヒートマップまとめ
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-bank-selection/

ご興味があれば、後ほどこちらも是非見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました