SET 5分で午前中NEWS | 11月9日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • 最近の原油価格の上昇を受けて、製油所株は21年3月期第3四半期に楽観的な業績を合わせて発表することが予想されます。OPEC+は、11月4日の会合で、12月から日量40万バレルの原油増産計画を継続することで合意しました。アナリストは、TOP社の収益は353%増の32億バーツ、IRPC社の収益は37%増の21億バーツに達すると予想している。一方、電力セクターの銘柄は、燃料価格の高騰により苦戦しています。
  • SABUY社の21年第3四半期の純利益は、ShipSmile社とTBSP社への投資による追加収益を完全に認識したことなどにより、149%増の5,610万バーツとなりました。この結果、21年9月期の純利益は95%増の136.8百万バーツとなりました。さらに、SABUYは6件の新規投資を発表し、その総額は15億8,350万バーツに達しました。アナリストは、この投資により、2022年にはSABUYの利益が2~2.5億バーツ(70~80%)押し上げられ、利益成長率が150~175%になると予測しています。
  • 本日、Pinthong Industrial Park(PIN)がSET指数で取引を開始した。アナリストは、PINの株価は、同社の強固な事業基盤を背景に、新規公開価格の3.90バーツを上回ると予想している。PIN社の6ヶ月間の純利益は9,931万バーツで、79%の増加となった。
  • パッシブファンドは、DELTAとNRFがSET50とSET100のインデックスから除外される可能性があるため、これらの銘柄をポートフォリオから売却した。アナリストは、TTB、KCE、TIDLORが11月11日にMSCIインデックスに加わる最有力候補であり、BAMとRATCHは除外されるリスクがあると見ている。
  • BE8は、取引初日に155%の上昇を記録し、終値は25.50バーツでした。BE8の最高経営責任者であるApisek Tewinpagti氏は、3億バーツの予算内での新規投資と買収に焦点を当てた戦略により、2021年の利益が25%増加することを見込んでいます。BE8は、デジタルトランスフォーメーションにおけるASEAN地域のリーダーとなることを目指しています。
  • SCBは「Bitkub」の買収により、デジタル資産におけるタイのリーダーとなり、2022年の利益は13.7%増の400.5億バーツとなりました。アナリストによると、この新事業によりSCBの市場価値は3年以内に1兆バーツに強化されるという。ブアルアン証券は、推奨度を「BUY」に格上げし、目標価格を146バーツに引き上げた。

最後にご紹介

タイで超長期保有し売却益を狙える銘柄はこれ!という11銘柄を、以下で纏めています。

[決定版]タイ株これだけ買えば良い!全11銘柄の長期保有おすすめランキング!銘柄一気に比較まとめ配当情報付[株価上昇率順]
2021年9月調べ高成長銘柄トップ11⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-set-stock-long-term-investment-recommend/

ただし!避けるべき!という高配当でも業績が良くない、株価が良くない銘柄も存在します。
タイ株銘柄の中で避けるべき銘柄代表ADVANC, DTAC, TRUEの3大キャリアはもちろんPTT, TOPなど。
そんな16銘柄を厳選してご紹介しているのはこちら⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/low-cagr-low-potential-set-stocks/

やっぱり私は高配当株を保有したい!という方に、高配当株を業績関係なしに上からトップ10並べている記事もあります。

2021年9月の高配当トップ10⬇
SET 配当16%超 タイ株配当トップ10まとめ 2021年9月
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/post-2473/

また手堅く銀行預金でガッチリ守りたいという方向けに、タイの銀行金利比較も以下でしています。
金利1.5%!タイの銀行を選ぶならココ!条件なし普通預金金利比較ランキング!ヒートマップまとめ
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-bank-selection/

ご興味があれば、後ほどこちらも是非見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました