2021年10月 タイ証券市場報告書 リリース内容全文和訳

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

在タイ 資産運用
スポンサーリンク

10月の市場動向がSETタイ証券取引所からリリースされていました。

タイ証券取引所の発表内容なのでデータはちゃんとしている内容で見解も正式なものであると思います。

https://www.set.or.th/set/pdfnews.do?newsId=16363278284520&sequence=0

こちらの日本語訳を転載します。

2021年10月のSETマーケットレポート

2021年10月、国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界経済成長率の見通しを若干下方修正しました。その主な理由は、「COVID-19」の新たな波、原油価格の上昇、サプライチェーンの問題などにより、多くの国でインフレ率の上昇が懸念されているためです。COVID-19から完全に回復していない中で、これらの問題は各国の中央銀行に金融引き締めを促す可能性があります。しかし、タイの状況は改善傾向にあり、政府は低リスク国からの訪問者に対する検疫を解除し、開国計画を進めることを発表しました。タイの資本市場では、3ヶ月連続で外国人資金が流入しており、特に工業関連の業種が再開の恩恵を大きく受けています。

タイ証券取引所(SET)の上級副社長であるSoraphol Tulayasathien氏は
Tulayasathien氏によると、10月末のSET指数は、前月比1.1%増の1,623.43で終了しました。ベンチマーク・インデックスは2020年末から12.0%上昇し、他の地域の同業他社を上回っています。SET指数をアウトパフォームした産業グループは、2020年末と比較して、「工業」、「アグロ・食品産業」、「テクノロジー」、「サービス」、「金融」、「不動産・建設」でした。

10月の主なハイライト

-SET指数は1,623.43ポイントとなり、前月比で1.1%、2020年末比で12.0%上昇し、他の地域平均を上回りました。
-2020年末と比較して、ほとんどの産業グループが上昇し、産業、農業・食品産業、テクノロジー、サービス、金融、不動産・建設の各産業グループが上昇しました。
-10月のSETとMarket for Alternative Investment(mai)の1日あたりの平均売買代金は、前年同期比65.8%増の883億バーツ(約26億5千万円)に急増しました。10ヶ月間の1日当たりの平均売買代金は956億8,000万バーツであった。
-10月の外国人投資家の純購入額は157.7億バーツで、3ヶ月連続の純購入となりました。10月の外国人投資家の純購入額は157.7億バーツで3ヶ月連続となったが、1-10月の外国人投資家の純購入額は633.9億バーツであり、地元投資家の純購入額は1,019.7億バーツであった。COVID-19の流行が始まった2020年2月以降、地元投資家が売買代金比率で優位に立っています。
-10月はIPO活動が続き、SETに3社、maiに2社が新規上場しました。10月はIPOが続き、SETに3社、maiに2社が上場しました。今年の最初の10ヶ月間で、タイの証券取引所におけるIPOによる資金調達額は他のASEAN諸国を上回りました。
-10月末時点のSETのPERは、フォワードが18.7倍、ヒストリカルが19.9倍と、アジア市場の平均である15.2倍、17.7倍を上回っています。
-10月末時点のSETの配当利回りは2.72%で、アジアの株式市場の平均である2.39%を上回っています。

デリバティブ市場

-10月のタイ先物取引所(TFEX)のデリバティブ取引量は、1日平均573,676枚で、9月末から15.5%減少しました。2021年1~10月の1日平均取引高は552,436枚、前年同期比20.9%増となっており、主に単一銘柄先物、金オンライン先物、米ドル先物の取引が牽引した。

-TFEXは、9月27日に米ドル先物のナイトセッション(午後6時50分から午後11時55分まで)を導入し、それ以来、投資家の関心を集めている。また、9月29日からは米ドル先物のナイトセッションを導入し、投資家の関心を集めているが、ナイトセッションの取引高は全体の30%以上を占めている。
-また、2021年9月29日以降、TFEXは銀オンライン先物のシリーズを調整し、直近の四半期限月2つをカバーすることで、投資家が取引戦略の調整やリスク管理の面でより容易になるようにしました。

SET market report for October 2021

BANGKOK, November 8, 2021- In October 2021, the International Monetary Fund (IMF) revised its forecast on the global economic growth in 2021 slightly downwards mainly on the new wave of the COVID-19, rising oil prices and supply chain problems which raised concern on rising inflation in many countries. These could prompt various central banks to tighten monetary policies while the economies had not fully recovered from the COVID-19. However, the situation in Thailand tended to improve and the government announced to proceed with its country-reopening plan, lifting quarantine on visitors from low-risk countries. The Thai capital market continuously attracted foreign fund inflows for the third consecutive month, especially to the Industrials industry group substantially benefited from the country’s reopening, accordingly.

Stock Exchange of Thailand (SET) Senior Executive Vice President Soraphol
Tulayasathien said that at end-October SET Index closed at 1,623.43, a 1.1 percent rise from the previous month. The benchmark index gained 12.0 percent from the end of 2020, outpacing other regional peers. The industry groups that outperformed the SET Index were Industrials, Agro & Food Industry, Technology, Services, Financials, and Property & Construction, compared to year-end 2020.

Key highlights for October

-SET Index ended October at 1,623.43 points, up 1.1 percent from the previous month and 12.0 percent from year-end 2020, surpassing other regional average.
-Compared with the year-end 2020, most industry groups rose, with Industrials, Agro & Food Industry, Technology, Services, Financials, and Property & Construction industry groups.
-In October, the average daily trading value of SET and Market for Alternative Investment (mai) jumped by 65.8 percent from the same period a year earlier to THB 88.30 billion (approx. USD 2.65 billion). The daily trading value for the first 10 months averaged THB 95.68 billion.
-Foreign investors were net buyers for the third consecutive month in October with a net THB 15.77 billion. Foreign investors still cashed out THB 63.39 billion for the January-October period, however, while local investors were net buyers of THB 101.97 billion. Since the COVID-19 pandemic started in February 2020, local investors have continuously dominated trading value ratio.
-In October, IPO activities continued with three new companies listed on SET and two new companies listed on mai. During the first 10 months of this year, the fundraising value via IPOs in Thai bourse outpaced other ASEAN peers.
-SET’s forward and historical P/E ratios were 18.7 times and 19.9 times respectively at end-October, exceeding the average ratios of Asian markets at 15.2 times and 17.7 times respectively.
-The dividend yield ratio of SET was 2.72 percent at end-October, above Asian stock markets’ average ratio of 2.39 percent.

Derivatives market
-In October, Thailand Futures Exchange (TFEX)’s derivatives trading volume averaged 573,676 contracts per day, a 15.5 percent decline from end-September. During the first 10 months of 2021, the average daily trading volume was 552,436 contracts, or a 20.9 percent rise from the same period a year earlier, mainly driven by trading in Single Stock Futures, Gold Online Futures and USD Futures.

-TFEX introduced the Night Session for USD Futures from 6.50 p.m. to 11.55 p.m. on September 27 and has attracted investors since then. The night session turnovers have made up over 30% of total turnover.
-In addition, starting from September 29, 2021 onward, TFEX has adjusted the series of Silver Online Futures to cover two nearest quarterly contract months to better facilitate investors in terms of trading strategy adjustment and risk management.

https://www.set.or.th/set/newsdetails.do?newsId=16363278284520&sequence=0&language=en&country=US

最後にご紹介

タイで超長期保有し売却益を狙える銘柄はこれ!という11銘柄を、以下で纏めています。

[決定版]タイ株これだけ買えば良い!全11銘柄の長期保有おすすめランキング!銘柄一気に比較まとめ配当情報付[株価上昇率順]
2021年9月調べ高成長銘柄トップ11⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-set-stock-long-term-investment-recommend/

ただし!避けるべき!という高配当でも業績が良くない、株価が良くない銘柄も存在します。
タイ株銘柄の中で避けるべき銘柄代表ADVANC, DTAC, TRUEの3大キャリアはもちろんPTT, TOPなど。
そんな16銘柄を厳選してご紹介しているのはこちら⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/low-cagr-low-potential-set-stocks/

やっぱり私は高配当株を保有したい!という方に、高配当株を業績関係なしに上からトップ10並べている記事もあります。

2021年9月の高配当トップ10⬇
SET 配当16%超 タイ株配当トップ10まとめ 2021年9月
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/post-2473/

また手堅く銀行預金でガッチリ守りたいという方向けに、タイの銀行金利比較も以下でしています。
金利1.5%!タイの銀行を選ぶならココ!条件なし普通預金金利比較ランキング!ヒートマップまとめ
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-bank-selection/

ご興味があれば、後ほどこちらも是非見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました