SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 11月8日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SET指数は、0.09ポイント(0.01%)減の1,626.13ポイント、売買代金は866億バーツで終了しました。同アナリストは、本日のタイ株式市場の変動は、発電事業者の一部の収益が予想を下回ったことで市場に懸念が生じたため、発電事業者の銘柄とDELTAが主導したと述べている。一方、DELTAは、タイ証券取引所の新たな措置により、SET50およびSET100指数から外れる可能性があることが懸念され、SET指数に6ポイント近くの影響を与えました。
    しかし、再開した銘柄に買い圧力がかかったほか、エネルギーや銀行セクターがプラスになったことで、市場は活気づいた。
    アナリストは、11月10日の金融政策委員会での政策金利決定や翌日のMSCIリバランスに従うよう投資家に推奨しており、明日のセッションのサポートレベルは1,610~1,600ポイント、レジスタンスレベルは1,630~1,640ポイントと予想している。
  • 外国人投資家がタイ株を27億6400万バーツ買い越したため、SET指数は小幅安で終了した。
  • 観光産業の回復が遅々として進まず、中央銀行の政策支援もあって、タイ・バーツの強さはさらに増している。
  • FSMART社とSABUY社が共同で合弁会社を設立し、既存事業の推進と今後の事業支援を行う。
  • SABUYは、増収と効率的なコスト管理により、21年3月期第3四半期の純利益は56百万バーツとなり、前年同期比148%増となりました。また、グループの成長戦略を支援するため、「Shipsmile」の10%を追加取得する見込みです。
  • TUの21年3月期第3四半期の純利益は19億3,600万バーツで、前年同期比5.81%とわずかに減少したが、9月期は27%増となった。
  • ILMは、第3四半期のロックダウン期間中に、四半期として過去最高のオンライン売上高3億2,400万バーツを達成し、来年には海外にフランチャイズ店舗を拡大し、海外での売上をさらに伸ばすことを目標としています。
  • CPNの3Q21純利益は、ロックダウンの影響で業績が落ち込み、91%減。
  • 2021年11月8日の注目銘柄:ILM(キャピタル野村証券TP:18.20฿/株)、SPRC(カジコーン証券TP:14.00฿/株)。

最後にご紹介

タイで超長期保有し売却益を狙える銘柄はこれ!という11銘柄を、以下で纏めています。

[決定版]タイ株これだけ買えば良い!全11銘柄の長期保有おすすめランキング!銘柄一気に比較まとめ配当情報付[株価上昇率順]
2021年9月調べ高成長銘柄トップ11⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-set-stock-long-term-investment-recommend/

ただし!避けるべき!という高配当でも業績が良くない、株価が良くない銘柄も存在します。
タイ株銘柄の中で避けるべき銘柄代表ADVANC, DTAC, TRUEの3大キャリアはもちろんPTT, TOPなど。
そんな16銘柄を厳選してご紹介しているのはこちら⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/low-cagr-low-potential-set-stocks/

やっぱり私は高配当株を保有したい!という方に、高配当株を業績関係なしに上からトップ10並べている記事もあります。

2021年9月の高配当トップ10⬇
SET 配当16%超 タイ株配当トップ10まとめ 2021年9月
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/post-2473/

また手堅く銀行預金でガッチリ守りたいという方向けに、タイの銀行金利比較も以下でしています。
金利1.5%!タイの銀行を選ぶならココ!条件なし普通預金金利比較ランキング!ヒートマップまとめ
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-bank-selection/

ご興味があれば、後ほどこちらも是非見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました