SET 5分で午前中NEWS | 10月20日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • NVDRを除く外国人投資家は、この2ヶ月間(8月13日~10月15日)にタイの株式を合計480億バーツの買い越しを継続した。
    外国人投資家が購入した銘柄の中では、KBANKが110億バーツの買い越しとなったほか、PTTGCが74億バーツ、XPGが55億バーツ、SCBが53億バーツ、PTTEPが47億バーツとなった。
  • HENG社は、タイ株式市場での最初の取引日を2.86バーツで終え、IPO時の1.95バーツから46.67%上昇した。
    同社の幹部は、今年のローンポートフォリオは7~8%成長すると考えており、カーローンのポートフォリオがビジネス全体の40~50%を占めるようになると予想しています。
    一方で、HENG社の通常の金利水準は14~16%程度であるため、15%の金利上限は同社に影響を与えないとしています。
    また、2022年の純利益は42%の成長を見込んでおり、10~15%の成長を見込んでいる同セクターよりも高い水準となっている。
  • FPT社は、新プロジェクト「Silom Edge」を推進するために、18億バーツを用意しています。
    このプロジェクトは、古いビルを、新世代、新興企業、オンラインプラットフォームのための複合スペースに転換するものです。
    FPTはこのプロジェクトから年間3億バーツの収益を見込んでおり、今年11月には2021/22年度の計画を発表する準備をしています。
  • アヌポン・パオチンダは、グリーンラインのコンセッション議題を、昨年の2020年8月13日に先に内閣に提示した後、昨日の閣議(10月19日)で撤回したが、首相は、新財務大臣が先に行うと主張して、検討を拒否した。
    一方、CPグループは、Covid-19によるエアポート・レール・リンクの移転料支払いの遅延を要求する書簡を提出した。
  • NERは、インドでの大量受注と販売価格の上昇により、第3四半期の業績が好調であったことから、今年の業績は過去最高を更新する見込みです。
    NERは11月8日、第3四半期の連結財務諸表を発表する予定です。
    アナリストは、純利益が前年同期比190%増の4億4100万バーツになると予想し、「BUY」の評価と目標価格9バーツを推奨しています。

最後にご紹介

タイで超長期保有し売却益を狙える銘柄はこれ!という11銘柄を、以下で纏めています。

[決定版]タイ株これだけ買えば良い!全11銘柄の長期保有おすすめランキング!銘柄一気に比較まとめ配当情報付[株価上昇率順]
2021年9月調べ高成長銘柄トップ11⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-set-stock-long-term-investment-recommend/

ただし!避けるべき!という高配当でも業績が良くない、株価が良くない銘柄も存在します。
タイ株銘柄の中で避けるべき銘柄代表ADVANC, DTAC, TRUEの3大キャリアはもちろんPTT, TOPなど。
そんな16銘柄を厳選してご紹介しているのはこちら⬇
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/low-cagr-low-potential-set-stocks/

やっぱり私は高配当株を保有したい!という方に、高配当株を業績関係なしに上からトップ10並べている記事もあります。

2021年9月の高配当トップ10⬇
SET 配当16%超 タイ株配当トップ10まとめ 2021年9月
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/post-2473/

また手堅く銀行預金でガッチリ守りたいという方向けに、タイの銀行金利比較も以下でしています。
金利1.5%!タイの銀行を選ぶならココ!条件なし普通預金金利比較ランキング!ヒートマップまとめ
https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/thailand-bank-selection/

ご興味があれば、後ほどこちらも是非見てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました