SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 9月16日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SET指数は1,630.71ポイントで、3.66ポイント(0.22%)上昇し、売買代金は795億バーツ。
    アナリストは、タイの株式市場は横ばい傾向で推移し、新たな動きを待ちながら、今夜発表予定の米国の失業保険申請件数や小売のデータがドルや債券利回りに影響を与えると述べた。
    アナリストは、1,630ポイントをサポートレベル、1,640ポイントをレジスタンスレベルとして、市場は引き続き横ばい傾向で推移すると予想。
  • 外国人投資家と国内機関投資家の合計で19億バーツの買い越しとなり、SET指数は3.66ポイント上昇した。
  • Hengda Real Estate Group Co Ltd – Evergrande Groupの主要ユニットは、同社のオンショア債券の格付けがAからAAに格下げされたことを受けて、債券の取引を停止しました。
    同社は、金曜日に再び取引を再開するとしています。
  • INDは、MTC開発プロジェクトおよびETCシステム開発準備のための追加監督覚書契約(契約金額4,494,000バーツ)の締結を発表。
  • カシコーン・セキュリティーズ(KS)はICTセクターの分析で、今回の法的和解はADVANCに有利なように見えるが、不利な判決が出た場合の和解率は請求額の27.4%になることを示唆していると強調。
  • 病院株は、10月中旬に予定されているModernaワクチンの初回接種のニュースを受けて上昇しました。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました