SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 9月15日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SET指数は1,628.04ポイント、4.20ポイント(0.26%)上昇し、売買代金は730億バーツで終了。
    アナリストは、今日のセッションでタイ株式市場はプラスとマイナスの両方向に動いたと述べた。
    米国のインフレ率の発表が市場にとってプラスであったにもかかわらず、中国の経済指標が減速を示唆したため、アジア市場に影響を与えた。
  • 中小型株への思惑や再開劇が今日のSET指数を押し上げることができましたが、DELTA、INTUCH、MAKRO、LHFGなどの大型株には、新たなフリーフロート対策への懸念から依然として市場を圧迫しています。
    アナリストはSET指数が明日もプラス方向に動くと予想し、1,615~1,620ポイントを支持線、1,643~1,660ポイントを抵抗線としています。
  • 地元金融機関と自己売買の合計で10億6,300万バーツの買い越しとなり、SET指数は4.20ポイント上昇した。
  • JPモルガンのデリバティブ・コールワラントDJI41C2109Aは、ダウ・ジョーンズ(5ドル)先物9月21日を原資産としているが、開場時に1000倍以上の値動きをしていることが疑われた。
    前場開始直後に 27.25 バーツまで上昇した DW は、開始 6 分後に 1.0 バーツまで急落した。
  • タイでは、100万人の外国人富裕層を呼び込むために、2兆バーツの景気刺激策が閣議決定。
    これらの措置は、「潜在能力の高い」外国人に長期ビザや税制優遇を提供し、外国人が不動産や土地を所有する際の制限を長期的に緩和することで、海外からの直接投資を促進することを目的としている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました