SET 5分で午前中NEWS | 9月14日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • Ngern Tid Lor(TIDLOR)は、強固な基盤と良好な信用格付けにより、今年の収益は前年比30%増の31億バーツとなり、自動車ローン系の中で最高益を達成する見込みです。
    11月には、MSCIがTIDLORを指数に加える予定です。
    さらに、TIDLORは国際金融公社による中小企業支援のための融資を受けています。
    一方、Srisawad Corporation(SAWAD)は、ローンの伸びが20%、不良債権率が4~5%を維持しており、オートタイトルローンにはまだ拡大の余地があることを示しています。
    SAWADは、6,000万バーツの投資予算で200~300支店の追加開設を計画していました。
  • 昨日(9月13日)、ベトナムで20億バーツの廃棄物エネルギー発電所プロジェクトを獲得したTTCLの株価は、13%上昇して引けた。
    業務範囲はエンジニアリング、調達、建設、試運転。プロジェクト期間は約24ヶ月。
  • T.K.S. Technologies (TKS)は、SABUYへの投資による9.68%の権益購入から共有収益を生み出し始めたことで、今年の下半期に優れた業績を上げることを示唆しています。
    TKSは、電子決済やフードセンターシステムの管理などの市場で新たな顧客層を獲得するとともに、デジタルエコノミーの流れや消費者行動の変化に対応した自動販売機での商品流通に共同で投資する機会を得ることになります。
  • JMART-W5への関心の高さから、株価は52.38%上昇し、19.20バーツとなりました。
    アナリストによると、行使価格70.00バーツを考慮すると、昨日43.75バーツで取引を終えた取引所のJMARTよりも割高だという。
    最初の行使は9月30日に行われ、ユーザーはいないと予想されています。
    なお、ワラントの有効期限は4年間です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました