SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 9月7日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SET指数は、11.92ポイント(0.72%)減の1,636.45ポイント、売買代金は1,010億バーツで終了しました。
    アナリストは、午後遅くに引けたことでタイ市場は下落し、特にRSIが買われ過ぎを示した大型株が下落したと述べた。
    しかし、アナリストは、センチメントは依然としてポジティブであるとし、投資家には中小型株に注目するようアドバイスしています。
    また、大型株の利益確定売りにより、タイ市場は引き続き後退すると予想し、1,630~1,615ポイントを支持線、1,645ポイントを抵抗線としています。
  • 地元金融機関や外国人投資家は、20億バーツの売り越しとなり、引き続き市場を圧迫しました。
  • 中国が発表した8月の貿易統計は、減速しているという事前の予想を上回る驚くべき結果となった。
  • THCOM の株価は 15%上昇した。ブアルアン証券は「BUY」を推奨し、目標価格を13.40バーツとした。
  • バルチック・ドライ・インデックスが引き続き下落したため、海上貨物銘柄が下落した。
  • ロックダウンが緩和されれば、通貨ペアの強さに拍車がかかり、投資家は注視している。
  • TIPHは、Dhipaya Insurance Public Company Limitedの代わりに、初日の取引で16%もの上昇を記録した。
  • 破産裁判所は、9月15日に行われる再生計画を検討するための次回審理にNOKを任命。
  • Sarath Ratanavadi、Yupapin Wangviwat、Smith Banomyongの3名がINTUCHの取締役に就任しました。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました