SET 5分で午前中NEWS | 9月7日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • Super Energy Corporation(SUPER)は、ベトナムの3つの太陽光発電所(総設置容量550メガワット)から、今年100億バーツの収益を上げることを確認しました。
    SUPERは、2021年10月にベトナムで80メガワットの風力発電所のCODを開始し、年末までに同社のエネルギーポートフォリオを1,600メガワットにする意向です。
    また、来年の第1四半期には、ノンカイにある8メガワットの廃棄物発電施設の操業開始を見込んでいます。
  • 政府は、タイのCOVID-19の流行状況が改善される9月以降に緊急令を撤回することを検討しています。
    アナリストは、これはタイ市場、特にBBL、KBANK、TISCO、CPALLなどの銀行や小売業の銘柄にとってはポジティブな兆候であると見ています。
    タイ資本市場機構(FETCO)によると、巨額の資金流入が再開された結果、投資家信頼感指数(ICI)は今後3ヶ月間で100%以上上昇し、2022年にはSET指数が1,800に達すると予想されています。
  • Wice Logistics(WICE)は、今後3年間で時価総額を100億タイバーツにし、年間所得成長率を20%にすることを計画しています。
    最近では、今年の売上成長目標を45%増の58億バーツに引き上げており、下半期の記録的な収益達成に向けたWICEの自信を示している
  • Dhipaya Group Holdings (TIPH)は、本日(9月7日)、TIPに代わってSET指数に採用されます。
    アナリストは、TIPHが大麻やカンナビスなどの高収益製品に事業を拡大することで、TIPHの株価は急上昇すると予測しています。
  • Right Tunnelling社(RT社)は、ソンクラーの高速道路42号線建設プロジェクト(5億9900万バーツ)を受注しました。
    現在の作業状況は、落札して契約書の締結を待っている状態です。
    さらに、総額6億1,900万バーツのダム建設プロジェクトと灌漑システムの入札の結果を待っており、2021年には受注残が70億バーツになる予定です。
  • B.Grimm Power(BGRIM)とSingha Estate(S)は、S Industrial Estate Angthongにある合計設置容量403メガワットの3つの発電プロジェクトの株式保有取引を正式に完了しました。
    この3つのジョイントベンチャーは、2024年中に少なくとも78億バーツの収益を上げることが期待されています。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました