SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 9月6日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SETインデックスは、1.96ポイント(0.12%)減の1,648.37ポイント、売買代金は783億バーツで取引を終了しました。
    アナリストは、タイの株式市場はポジティブなカタリストがなく、リバウンドしながら横ばいで推移したと述べた。
  • 国内イベントでは、市場が緊急令の終了を推測しているCCSA会議を監視することを推奨しています。
    一方、海外イベントでは、中国の輸出入データや週明けのECB会合に注目するようアドバイスしています。
    また、タイの株式市場はリバウンドを続けると予想し、支持線を1,640ポイント、抵抗線を1,655~1,658ポイントとしています。
  • 地元の機関投資家や外国人投資家がタイの株式市場から29億バーツを引き出したため、今日のセッションでは2ポイントの急落となりました。
  • サウジアラビアの国営石油大手サウジアラムコは日曜日、アジア地域に販売する原油グレードの価格を少なくとも1ドル/バレル引き下げると発表した。
  • タイの8月のヘッドライン消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.02%低下した。
  • PTTEPは子会社としてAsia Power and Transportation SG Holding Pte. Ltd.とDelta Gas Transportation SG Holding Pte. Ltd.を設立しました。
  • B.Grimm Power社は、B.Grimm Power (Angthong) 2 LimitedとB.Grimm Power (Angthong) 3 Limitedの30%の株式をSingha Estate Public Company Limitedに譲渡し、16億3,000万バーツを取得しました。
  • CPN社はサイアム・スクエアのAブロックを落札しており、これにより収益の柱が増えることになる。
  • TRIS 格付けでは、CPRH の MAKRO への全事業譲渡が CPALL および CPF の格付けに直ちに影響を与えることはないと見ている。
  • CPF社は、ポートフォリオと顧客基盤の拡大を目的として、ポーランドの水産業2社を101百万バーツで買収しました。
  • TEAMGは、第9次バンコク水道整備プロジェクトにおける送水トンネル及び関連工事の建設監督に関するコンサルタント契約(Contract SV-903)に1億7795万バーツで調印した。
  • RTは2021年9月に総額599,100,789.00バーツの新規プロジェクトを発表しました。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました