SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 9月3日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SET指数は1,650.33ポイント、2.58ポイント(0.16%)上昇し、787億バーツの売買代金で終了しました。
    アナリストは、今日のセッションでは、週末の米国の非農業部門雇用者数と不信任決議案を控えて投資家が手控えたため、タイ株式市場は狭い範囲で動いたと述べた。
  • アナリストは、大型株の多くが配当落ち日を迎えることから、来週のSET指数は限られたレンジで動くと予想しており、サポートレベルは1,635ポイント、レジスタンスレベルは1,660ポイントになると見ている。
  • 外国人投資家と自己勘定取引は、低水準の売買代金で18億バーツの買い越しとなり、SET指数を2.5ポイント押し上げた。
  • 日経平均株価は、菅首相が自民党総裁選への出馬を辞退したことで、30年ぶりの高値で引けました。
  • 習近平国家主席は、「共栄」政策の一環として、北京に中小企業向けの証券取引所を設立することを発表しました。
    先にロイターが報じたところによると、中国本土は、海外上場企業を誘致し、国内市場の地位を高めるため、新たな取引所の設立を検討しているという。
  • ニューカッスルの石炭価格は、今年に入って石炭ビジネスの人気が下火になってきたことに加え、Covid-19のパンデミックにより企業や鉱山が操業を停止しているため、石炭の需要が高まり、80.50ドル/MTから120%の上昇となっています。
    今日は過去最高の177.50ドル/MTとなりました。
  • JMARTへの15%、Fanslinkへの51%の出資に続き、MBKETはVGIの格付けを「BUY」に引き上げ、目標価格を7.40バーツとした。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました