SET 5分で午前中NEWS | 9月3日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • Government Saving銀行(GSB)は、COVID-19のロックダウンがあるにもかかわらず、年末のauto title loans(*自動車の所有権(title)を担保にした短期の消費者ローン)が200億バーツに達することを確認しています。
    一方、Srisawad Corporation (SAWAD)は、SAWADが金利を18-20%に引き下げたにもかかわらず、Fast Moneyを介したGSBとの共同投資はWin-Winの状況であると述べた。
    また、SAWADのディレクターであるThida Kaewbootta氏は、ローンポートフォリオの再構築により、今年の利益は2桁の成長に向けて自信を持っていると主張しています。
    アナリストは、SAWADの目標価格を80バーツとしています。
  • インターメディカル・ケア・アンド・ラボ・ホスピタル(IMH)は、COVID-19患者のための包括的なケアセンターを開設したことにより、第3四半期から第4四半期にかけての営業成績が過去最高になると予想しています。
    政府はすでにCOVID-19の封鎖を一部緩和していますが、IMHは再感染や新たな流行の可能性が迫っていると警告しています。
    しかし、それは同社にとってはポジティブなことだと考えられます。
    アナリストはIMHに対して「BUY」を推奨しており、目標価格は18.90バーツ、第3四半期の利益は1億6,000万~1億7,000万バーツと予想しています。
  • Government Saving銀行(GSB)は、Dhipaya Group Holdings(TIPH)の株式11.2%の株式交換を成功させた。
    GSBの社長であるVithai Ratanakorn氏は、TIPH社の投資計画が保険委員会の投資制限である10%を満たすことで、同社の収益性と配当を改善できると確信している。
    一方、TIPHは今月末にSET指数のDhipaya Insurance(TIP)に取って代わる予定です。
  • クローバー・パワー(CV)は、再生可能エネルギーや新規プロジェクトへの投資を拡大することを全面的に打ち出しており、今年末までに商業運転中の発電容量と開発中の発電所の合計を85メガワットに引き上げる予定です。
    CV社の最初の取引日の終値は0.51%高く、1株あたり3.92バーツでした。
  • アナリストたちは、原油や石油化学製品の需要が大幅に回復したことを受けて、エネルギー関連銘柄に好意的な見方をしており、今後の収益見通しが明るい5つの優良銘柄(GPSC、PTTEP、IVL、TOP、PTG)を推奨しています。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました