SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 9月1日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • SET指数は4.27ポイント(0.26%)減の1,634.48ポイント、売買代金は1,170億バーツで終了しました。
    アナリストは、タイの株式市場は以前の抵抗レベルを超えることができず、低い水準で終了したと述べた。
    DELTA社が7ポイント、MAKRO社が3ポイント、それぞれ市場にプラスの影響を与えなければ、今日のセッションで指数は10ポイント以上下落する可能性がありました。
  • 同アナリストは、投資家に対し、OPEC+の会合を注視し、OPEC+が予定通り増産すると予想するとともに、ロックダウン措置が解除された後のCovid-19の状況を引き続き注視することを推奨している。
  • また、明日のセッションでは、SET指数が1,620~1,615ポイントをサポートレベル、1,640~1,645ポイントをレジスタンスレベルとして、反発すると予想している。
  • 地元の機関投資家や外国人投資家は、タイの株式市場で26億バーツの売り越しとなり、買い戻しを行った。
  • 市場では、9月に入るとリターンの低下が予想されますが、これは「季節的行動バイアス」であると理論家は指摘しています。
  • JSCCIBは、COVID-19の発生状況が改善し、政府が最近コロナウイルスワクチンの追加確保に成功したことを理由に、タイの2021年の成長率予測を-0.5~1.0%に引き上げた。
  • セントラルパタナが最高水準の「Central Hygiene & Safe Plus+」対策のもと、COVID-FREE環境のショッピングセンターを再開した初日。
  • メイバンク・キム・エン・タイランドは、アラパット・サンカラット氏を最高経営責任者兼非独立執行役員に任命。
  • OPEC+、2022年の世界の石油需要見通しを日量420万バレルに修正。
  • JMARTとその子会社であるJMT、SINGER、JFIN Coinなど、BTSグループとのシナジーは無限の可能性を秘めています。
  • Uシティは、BTSグループの金融部門となるために、事業を金融サービスに転換することが期待され、前場で30%上昇しました。
  • MAKROは、9月1日のオープニングで、ロータスの事業を株式交換で買収すると発表したことを受け、19%上昇しました。
  • BGRIM社は、アジアインダストリアルエステートにおいて、ガス火力発電所、再生可能エネルギー、スマートグリッド開発を検討。
  • ICNが「国際利用のための中央局と海底局間のバックホール装置の拡張プロジェクト」を1システム分受注。

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました