SET まるっと1日分 5分でタイ株NEWS | 8月31日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

  • SET指数は1,638.75ポイント、4.98ポイント(0.30%)上昇し、売買代金は1,170億バーツとなりました。
    アナリストは、中国人民銀行が400億元の流動性注入を見込んでいるとの報道を受け、米ドル安と相まって、タイ株式市場は地域市場と同じ方向に向かって高値で終了したと述べた。
    本日のタイ株式市場は、MSCIのリバランスを前に他の証券が減速する中、発電関連銘柄や通信関連銘柄が下支えとなりました。
    また、明日のセッションでは、1,630ポイントが支持線、1,645~1,650ポイントが抵抗線となり、SET指数は上昇幅を拡大すると予想しています。
  • 午後のセッションでは、外国人投資家による38億バーツの買い越しがSET指数を押し上げ、プラスで引けた。
  • MPIが伸び悩んでいるにもかかわらず、PTTGC、NER、SCGPなど、7月から8月にかけて堅調に推移した銘柄があります。
  • DODバイオテックは、米国のヘンプ&カンナビス・リーダーであるMFUSEDグループと提携し、「サイアム・ハーバル・テック」の戦略的相乗効果を高めた。
  • JTSは、ビットメイン社から1,200台のマイニングマシンを購入する契約を締結し、来年の目標に向けてビットコインの採掘能力を高める。
  • タイでは明日(9月1日)からCOVID-19による規制の一部が緩和されるため、COM7はその積極的な成長力でCOVID後のIT市場をリードすることが期待されます。
  • MAJORは、Siam Future Development Public Company Limited(SF)の保有する全株式を完全に譲渡したことを発表した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました