SET1日分 5分でまとめ | 8月25日のタイ株式市場

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

  • SET指数は、13.51ポイント(0.85%)上昇の1,600.49ポイントで終了し、売買代金は929億バーツでした。
    アナリストは、タイの株式市場は、市場を牽引する確固たる要因がないにもかかわらず、予想を上回るパフォーマンスを見せたと述べています。
    買い圧力がかかったのは、出遅れた銘柄やリバウンドした銘柄のほか、Covid-19感染率の低下による監禁措置の緩和を期待した思惑があったからだという。
  • アナリストは、このSET指数の上昇トレンドは1,620~1,630ポイントの範囲内であると予想しており、明日のセッションのサポートレベルを1,590ポイント、レジスタンスレベルを1,612~1,620ポイントとしている。
  • 外国人投資家が36億バーツの買い越しで市場をリードし、SET指数は抵抗線である1,600ポイントを上回った。
  • 米貿易代表部は、同部とバイデン大統領の政権が米中貿易政策の包括的な見直しを行っており、米国の企業や労働者を不利な立場に置く中国の不公平な貿易政策について検討していると述べた。
  • タイの上場企業は、上半期の純利益が5,280億バーツとなり、回復の兆しを見せている。
  • タイポスト社やフラッシュエクスプレス社と提携し、コールドチェーンエクスプレスサービスを提供するJWD社に対し、5人のアナリストが「BUY」の評価を維持しています。
  • TIDLORはIFCから資金提供を受け、強力なアナリストが第2四半期の純利益を176.8%増加させると予想しているため、強いアップサイドポテンシャルがある。
  • STGTは、シンガポールに新しい子会社SRI TRANG GLOVES GLOBAL PTE.LTD. LTD.を設立することを発表しました。
    ⬇決算短評こちら
  • https://bangkokfinancialindependenceretireearly.com/post-1137/
  • RATCH社は、「アジア太平洋地域における価値志向のエネルギー・インフラのリーディングカンパニーとなる」という目標を達成するため、250億バーツを投じてインドネシアの2,045MW石炭火力発電所を買収しました。
  • 2021年8月25日の注目銘柄。
    AMANAH (Kasikorn Securities TP at ฿6.90/株)
    ITEL (Finansia Syrus Securities TP at ฿6.40/株)

コメント

タイトルとURLをコピーしました