SET 5分でタイ株NEWS | 8月24日の市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

  • タイ銀行が負担軽減を目的とした新たな施策を打ち出したことを受けて、銀行株とノンバンク株が急騰し、クルンタイ銀行(KTB)が18%の上昇でトップに立ち、TMBタナチャート銀行(TTB)とバンコク銀行(BBL)がそれぞれ15%の上昇、サイアム商業銀行(SCB)が12%の上昇で続いた。
  • BOTは、2022年末まで金融機関開発基金(FIDF)を0.46%から0.23%に引き下げることに合意。
    一度も与信枠を持ったことのない債務者に対するソフトローンの基準を緩和し、さらにクレジットカードや個人向けローンの上限を高く設定した。
  • 今回の方針変更は、クレジットカードやデビットカードのサービスを主力事業とするクルンタイカード(KTC)、イオンタナシンサップ(タイ)(AEONTS)、スリサワドコーポレーション(SAWAD)にもメリットがあります。
  • グローバル・パワー・シナジー(GPSC)は、インドの太陽光発電所の認識を開始し、21年第3四半期には持続的な黒字化を達成することができます。
    ラオスのザヤブリ水力発電所がピークシーズンを迎えているが、この期間のガスや石炭の費用の増加を補う収益を見込んでいる。
  • Covid-19の発生が徐々に収まり、都市の再開劇を後押しすると予測されることから、アジアプラス証券は、ファンダメンタルズが強く、アップサイドの高い出遅れ銘柄19社を「BUY」推奨している。
    例えば、Aeon Thana Sinsap (Thailand) (AEONTS)のアップサイドは56%、Ratch Group (RATCH)のアップサイドは46. 10%アップサイド、PTT Exploration and Production (PTTEP)の43.30%アップサイド、RSの39%アップサイド、PTTの38.60%アップサイド、PYLONの38%アップサイドなど、ファンダメンタルズの高い出遅れ銘柄19銘柄を推奨しています。
  • PTT Exploration and Production(PTTEP)は、2021年10月1日以降、Phongsthorn Thavisin氏の後任として、Montri Rawanchaikul社長を最高経営責任者(CEO)兼取締役に任命しました。
    一方、PTTEPの子会社であるAI & Robotics Ventures(ARV)は、RotoTech社と正式に提携し、世界初の縦型パイプ検査・メンテナンスロボットを導入しました。
  • WHAコーポレーション(WHA)は、同社の4つのコア事業の強さと、55億バーツ以上の資産をWHA Premium Growth Freehold and Leasehold REIT(WHART)への売却を4Q21に加速させる計画により、今年の下半期には明るい見通しが得られると予想しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました