SET1日分 5分でまとめ | 8月23日のタイ株式市場

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

過去ニュースまとめはこちら
最新のSET指数などはこちら

  • SET指数は1,582.07ポイントとなり、28.89ポイント(1.86%)の上昇、売買代金は1,140億バーツとなりました。
    アナリストは、タイの株式市場は、Covid-19機能の低下や、タイ銀行の支援策後の金融セクターへの買い圧力を受けて、予想以上のパフォーマンスを示したと述べている。
    また、抵抗線である1,580ポイントを上回って引けたことで、タイの株式市場は堅調に推移したとしています。
    さらに、今週末にジャクソンホールで開催されるFRBのシンポジウムを注視し、QE縮小のタイムラインを確認することを投資家に推奨し、明日のセッションでのSET指数のサポートレベルを1,560ポイント、レジスタンスレベルを1,590~1,600ポイントとしている。
  • 国内機関投資家と外国人投資家の合計で79億バーツの買い越しとなり、SET指数は1,600ポイントの抵抗線を試すことになった。
  • タイの国会は、今年10月1日から始まる会計年度の3兆1,000億バーツの年間予算を可決した。
    この予算では、経済見通しの悪化により税収が圧迫される中、教育、国防、財務省が削減された。
    来年度の予算は、3兆2,900億バーツとなった現行年度の予算よりも5.8%減少しています。
  • 世界経済の回復に伴い、タイの輸出は3ヶ月連続で増加しています。
  • タイの銀行株は、BOTによる負担軽減のための新たな施策を受けて、株価が急上昇しました。
    ※過去ニュースこちら
    タイ中央銀行は、金融機関開発基金の金利を0.46%から0.23%に引き下げた。
  • 29.40%の買収は、WHAの物流ポートフォリオを拡大し、急成長分野をサポートするための技術主導のサービスを提供する戦略的パートナーシップを意味します。
  • GUNKULの急騰は、1株あたり0.06バーツの中間配当の配当落ち日である2021年8月25日を前にした買い圧力によるものである。
  • TMTは、21年第3四半期も成長ペースを維持すると予測される。
    アナリストは「TRADING BUY」の評価を維持し、目標価格は13バーツとした。
  • 個人ローンやクレジットカードの上限に関するBOTの緩和政策は、AEONTSやKTCのコアビジネスに直接利益をもたらす。
  • HANAは、同社の従業員に対する検疫措置により、21年第3四半期の売上高が前四半期比で減少する可能性があるとアナリストが予想したため、5%以上下落した。
  • STGTは、1株当たり1.25バーツの中間配当金支払いの配当落ち日で、前場終了時に3.25%下落した。
  • NWRは南チャチェンサオバイパスの建設で9億7800万バーツの建設契約を締結した。
  • 2021年8月23日に注目した銘柄。
    CK (Asia Wealth Securities TP at ฿29.25/株)
    CHG (Asia Wealth Securities TP at ฿4.40/株)

コメント

タイトルとURLをコピーしました