SET 21年Q2決算考察 CHG タイ株 Chularat Hospital

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

決算書を読む
スポンサーリンク

21年Q2 決算レビュー

銘柄予実精度売上前年同期比
上昇回数
EPS前年同期比
上昇回数
売上
右肩上がり
配当粗利率純利率評価
CHG15101.26392335.94

売上前年同期比 +80.00%

EPS前年同期比 +257.14%

年初来

粗利率 39%

純利率 23%

Chularat Hospital Public Company Limited(以下「当社」)は1986年に設立され、これまで登録資本金11億バーツの民間病院を運営しており、8つの子会社で構成され、大病院、小病院、診療所を合計14の支店で運営しています。バンナトラッドロード沿いのスワンナブミ空港(バンコク東部エリア)周辺のチュララットホスピタルグループカバレッジサービスエリアは、チャチューンサオ州、プラチンブリ州への高速道路304号線、チョンブリ州のダウンタウン、アランヤプラテートサケオ州に広がり、2016年に新しい支店を拡大しました。ラヨーン県のアンフォムアンにあり、合計495床が登録されています。

https://www.set.or.th/set/factsheet.do?symbol=CHG&ssoPageId=3&language=en&country=US

というわけで、最近好調のヘルスケアですね。

2020年6月期のちょうど一年前、前年同期比でマイナス成長を記録しています。

そのため、本年6月決算の成績は異常によく見えてしまいます。

ただそれを加味しなくても、毎年2ケタ成長、順調なEPS推移、無理していない配当、高利益率、高収益体制とどれも素晴らしい状況です。

当分はヘルスケア分野の好調は続くでしょうし、おすすめできる決算です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました