SET 5分でタイ株NEWS | 8月18日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へ

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク
  • Rathian Srimongkolによると、Xspring Capital(XPG)は増資完了後、100億バーツ以上の現金を保有しており、投資の準備が整っているという。
    アナリストは、証券や投資信託など5つの金融事業部に注目するよう投資家にアドバイスしており、来年にはAUMを100億バーツにすることを目標としている。
    一方、Sansiriと提携しているデジタルアセット会社は、9月にトークン販売を開始する予定です。
    現在、アセットマネジメント(AMC)事業や投資運用事業には17のライセンスが用意されており、今後の成長が期待できます。
    2022年には利益が大幅に伸びると自信を持っています。
  • 証券取引委員会(SEC)の報告によると、タイ市場では2021年第2四半期にエクイティ商品で1400億バーツ以上を調達し、債券の募集額は4000億バーツに増加したという。
    上場企業566社の純利益は合計で27億6,000万バーツを記録し、前年比119.4%の増加となりました。
    しかし、上場企業の利益は今年の下半期には40.5%減少すると予想されている。
  • BANPUは、天然ガス発電所、再生可能エネルギー、エネルギー技術の発展を目的とした5年間の投資計画(2021年~2025年)を支援するため、450億バーツを計上した。
    石炭事業については、追加投資の予定はありません。
    同社は、クリーンエネルギー分野のEBIDAが2025年までに50%に達すると予想している。
  • BTSグループ・ホールディングス(BTS)は、タナ・シティの土地売却による4億8100万バーツの利益に加え、関連会社の損失4億6000万バーツが減少したことにより、212%増の13億8300万バーツの利益で第1四半期を終えました。
  • バンコク・エクスプレスウェイ・アンド・メトロ(BEM)の第2四半期の純利益は、コスト削減により32%増の2億100万バーツとなりました。
  • 今年の第2四半期には、9つの病院銘柄が優れた収益結果を出しました。
    バムルンラード病院(BH)の純利益は387%増
    ラチャプルーク病院(RPH)の純利益は366%増
    バンコクチェーン病院(BCH)の収益は311%増
    バンコクデュシットメディカルサービス(BDMS)の純利益は217%増と急上昇した。
    一方、
    ラードプラオ総合病院(LPH)
    ビバディメディカルセンター(VIBHA)
    チュララット病院(CHG)
    ラジタニー病院(RJH)
    の今年上半期の純利益は、それぞれ231%、374%、1,029%、113%増加。
  • トンブリヘルスケアグループ(THG)の21年第2四半期の純利益は8,400万バーツを計上した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました