SET 5分でタイ株NEWS | 8月3日のタイ市場銘柄ニュースまとめ

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

デイリー5分でタイ株NEWS
スポンサーリンク

ADVANC

アドバンスト・インフォ・サービス(ADVANC)の2021年第2四半期のコア利益は、サービス収入の横ばいとサービスコストの4.2%増により、3.8%減の67億3500万バーツとなり、2021年上半期の純利益は2.8%減の133億7900万バーツとなる見込みです。

アナリストは、ADVANC社が3.24バーツの中間配当を行うと予想し、下半期の反発を期待して「BUY」の評価と2億2400万バーツの目標価格を提案しています。

NER

アナリストは、ノースイーストラバー(NER)の21年第2四半期の収益は、主に中国へのゴム輸出により、92.8%増の4億3,400万バーツとなり、過去最高を更新すると予想している。

下半期の収益は、新製品であるゴムマット(cow rubber mat)が後押しすると予測されています。

AMR

AMR Asia(AMR)は、最初の取引日に18.84%の上昇を記録し、投資家の信頼を示しました。

AMR社のマネージング・ディレクターであるMarut Siriko氏によると、今回の増資は、同社の経常的な収益を生み出すために、フィーダーライン-スマートシティ-EV充電ステーション事業の拡大に使用されるとのことです。

AMR社は今年、16%の増収を見込んでおり、年間20億バーツの収益を目標としています。

現在、同社の受注残は18億バーツとなっています。

BBL

アナリストは、バンコク銀行(BBL-F)がMSCIインデックスから除外されたことで、パッシブファンドによる大暴落が起こり、同社のテクニカル・ダウングレードが行われると考えています。

その結果、BBL-Fを積み上げる良い機会となります。

また、アナリストは、Covid-19のパンデミックがBBLに大きな影響を与えないことを示し、主要な融資先が大企業であることを指摘し、BBLの目標価格を160バーツに設定しています。

今年、BBLは純利益が61%増加すると見込んでいます。

ANAN

アナンダ・デベロップメント(ANAN)は、アシュトン・アソーク・プロジェクトに対する中央行政裁判所の判決を不服として控訴する予定であるため、60億バーツの社債の発行を延期。

ANAN社はさらに、法律、規制、政府機関の発表などの厳格な手続きに従って適切に進めており、会社とすべての利害関係者の利益のために、法律に基づいて全面的に行動することを明らかにしました。

SSP

Sermsang Power Corporation(SSP)は、日本のLeo 1太陽光発電プロジェクト(設備容量20MW)が2021年7月31日より商業運転を開始し、同社の総発電容量が163MWになったことを発表しました。

また、ベトナムの風力発電所(設備容量48MW)は、21年第4四半期に商業運転を開始する予定です。

SSPは、2024年までにエネルギーポートフォリオを400MWに拡大することを目指しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました