在タイ 資産運用

スポンサーリンク
在タイ 資産運用

【Makro】2021年イチオシだったタイ株の結果と来年はどうなりそうか考えてみる。

タイ株Makro 売上 前年同期比101.23% EPS 前年同期比81.82% 売上 CAGR 年平均成長率4.93% EPS CAGR 年平均成長率1.24% 大好きな銘柄だけど、成績は全然パッとしない。 投資対象としてはサヨウナラ。。。
在タイ 資産運用

【TNP】2021年イチオシだったタイ株の結果と来年はどうなりそうか考えてみる。

タイ株TNP 売上 前年同期比111.07% EPS 前年同期比125.00% 売上 CAGR 年平均成長率12.38% EPS CAGR 年平均成長率30.21% 凄い決算が毎回いいのに株価全然。 来年も追跡予定。
在タイ 資産運用

【Com7】2021年イチオシだったタイ株の結果と来年はどうなりそうか考えてみる。

売上 前年同期比 EPS 前年同期比 112.26% 154.84% 売上 CAGR 年平均成長率 EPS CAGR 年平均成長率 19.16% 36.06% 売上 CAGR 四半期平均成長率 EPS CAGR 四半期平均成長率 4.06% 7.25% 最近の1年売上[B THB] 最近の1年EPS 46.01 1.9
在タイ 資産運用

【運用実績】2021年12月 投資銘柄と実績公開

12月の投資状況まとめ。 オミクロン問題で米指数が11月月末から急降下も持ち直し。 タイ株もSET指数一時期1,650まで回復。 深いことを考えず淡々と米指数投信への投資は継続中。 外食我慢貯金がついに1万バーツ超え。 貯蓄型生保を購入。
在タイ 資産運用

RJHが決算最高の癖に株価が上がらない悲劇

決算で買ってるので決算悪くなるまでは売らないけど、流石に50日移動平均割っちゃうとかはやりすぎなので頑張って欲しいところ。
シミュレーション投資信託

バンコクで生活費4万バーツニート人生クリアに必要な資産は?

生活費がブログ主と同程度の人。 例)生活費は4万バーツあれば足りる程度。 外食もそこそこ、まぁ生活できればいいや。のような感じ。 この場合、結論は600万バーツです。 今から14年間だけ、毎月25,000バーツを死ぬ気で貯めてください。 ダラダラ使い込むと、14年が20年になり、と伸びるだけです。 必ず25,000バーツを毎月、投資してください。
在タイ 資産運用

【運用実績】2021年11月 投資銘柄と実績公開

オミクロン問題で米指数が11月月末から急降下。 タイ株もSET指数一時期1,600をゆうに超えるも現在は1,600攻防戦中。 深いことを考えず淡々と米指数投信への投資は継続中。 今月から始めたデリバリー我慢貯金がなかなか凄いことに。 デリバリー我慢貯金は誰かへのプレゼント口座にしようと。
在タイ 資産運用

2021年10月 タイ証券市場報告書 リリース内容全文和訳

<!-- wp:heading --><h2>2021年10月のSETマーケットレポート</h2><!-- /wp:heading --><!-- wp:paragraph --><p>2021年10月、国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界経済成長率の見通しを若干下方修正しました。その主な理由は、「COVID-19」の新たな波、原油価格の上昇、サプライチェーンの問題などにより、多くの国でインフレ率の上昇が懸念されているためです。COVID-19から完全に回復していない中で、これらの問題は各国の中央銀行に金融引き締めを促す可能性があります。しかし、タイの状況は改善傾向にあり、政府は低リスク国からの訪問者に対する検疫を解除し、開国計画を進めることを発表しました。タイの資本市場では、3ヶ月連続で外国人資金が流入しており、特に工業関連の業種が再開の恩恵を大きく受けています。</p><!-- /wp:paragraph --><!-- wp:paragraph --><p>タイ証券取引所(SET)の上級副社長であるSoraphol Tulayasathien氏は<br>Tulayasathien氏によると、10月末のSET指数は、前月比1.1%増の1,623.43で終了しました。ベンチマーク・インデックスは2020年末から12.0%上昇し、他の地域の同業他社を上回っています。SET指数をアウトパフォームした産業グループは、2020年末と比較して、「工業」、「アグロ・食品産業」、「テクノロジー」、「サービス」、「金融」、「不動産・建設」でした。</p><!-- /wp:paragraph -->
在タイ 資産運用

【運用実績】2021年10月 投資銘柄と実績公開

タイ株の成績が全体的に上向かない。 タイ株をほとんど損切り、大量処分。 F株で株主総会出席を狙って持っていた銘柄も、オフラインでの総会が開催されない昨今なので一旦売却しました。 米国株は峠を超えて一気に回復中。 米国株の復調で国債・現金比率を一気に下げました。
トレーディング日誌

11月8日成績 +1.5%|トレーディング日誌|11月累計成績 +1.5%

タイ株 FANCY 買い:1.28 売り:1.34 損益:+4.6% FANCYがその時間帯の上昇トップだったのでチェック。 MACDが上昇基調で当分下げなそうでイン。 入ってからザラ場でダラダラ下げてたけどMAがクロスしていたので保持。 自分ルール通り大引けでクリア。 見返してみると運が良かっただけだと思った。 これはだめな例。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました