バンコク生活費公開

スポンサーリンク
バンコク生活費公開

タイ バンコク 海外の生活費。家計簿公開【2021年 年間実績】

ざっくりの財務事情は、税引き後の収入は126万バーツうち36万バーツは会社経費の精算支出は81万バーツでこれには会社経費を含むってことで、ざっと計算すると、年間で税引き後の給与は90万バーツくらい。支出との差は、プラスの45万バーツ、という2021年の内容でした。
バンコク生活費公開

タイ バンコク 海外の生活費。家計簿公開【2021年12月実績】

2021年12月は例月通りの支出の感じで28,074.12バーツが生活費でした。 11月比較で、マイナス約7,000バーツ。 10月比較すると、支出が約3,000バーツ増えちゃいました。 ※10月、11月が見たい人こちらから。 11月末頃に色々と趣味にお金を使ったので怖かったんですが、調理器具だけだったし4,000バーツ程度で結局10月と同水準になりました。 以上、バンコク、駐在、単身、いくら、生活費、どれくらい、などなどで検索してこられる方々向けに、10万円くらいで一人であればバンコクで生活できるんだよ、のコーナーでした。 ※バンコク生活を謳歌するとそれはそれは日本より高くなりますのでご注意ください。
バンコク生活費公開

タイ バンコク 海外の生活費。家計簿公開【2021年11月実績】

2021年11月は、合計で使ったお金が35,258.63バーツ。 11月はちゃんと書籍も買ったように見えて、人にプレゼントした分なので正直自分で買って読んだ本は無い。 まぁもっとも持ってきてる本をもう一回読んだりはしたけど、新しい知識を入れたわけではないからダメダメ。 外食が増え、自炊が減ったのでなんとなく思ってたとおり材料費が圧倒的に10月に比べて下がった。 サブスクは増えて見えるけどNetflixの引き落としが早くて来月分を含んじゃっただけなので内容に変更はなし。 ガソリンが先月の倍くらいに増えた。 これは出社する回数がちょっと11月は多くなったので理解していたとおり。 あとは食費の欄にも書くけど、バンコク外に行ったりしたのもあって。 でもこれだけ給油してくるとクレカの3%キャッシュバックをちゃんと利用しようかなぁと悩み中。 クレカ指定のガソリンはCaltexだけで、近所のお気に入りのShellに行くとキャッシュバック受けられない。 Shellは窓拭きます?とかちゃんと聞いてくれて後ろまで拭いてくれるから好き。 4000バーツで120バーツキャッシュバックだとちょっと大きく感じる。 最も、11月って石油の値段がかなり上がったのでそれもあり大きくなったって言うこともある。 使途不明、突発使途はこのブログのサーバ費用とドメイン費用で大体2,000バーツくらい。 気づけばもうやりだしてから半年経ってた。 早いなぁと思う。
バンコク生活費公開

タイ バンコク 海外の生活費。家計簿公開【2021年10月実績】

2021年10月は、合計で使ったお金が25,047バーツだけ。 娯楽はというと、なんとネットショッピングもなく使途不明金もなければ勉強用の本も買ってない始末。 ガソリンを2回しか入れてないことから、ほとんど移動していないなぁという感じ。 大体1回給油するとうちの子だと550kmくらい走れますよ表示になる。 まぁ渋滞してるし理論値その半分から300kmくらいだと思うけど、600kmくらいしか移動していない計算。。。 うちからAsokまでが大体20kmくらい? なので1回出社すると往復で40kmくらいか。 毎日出社すると、800km走ることになるので、走ってるっちゃ走ってる方なのかも知れない。 10月の出社って、多分4日くらいしかしていないと思うので。 なので、160kmは仕事用で440kmくらいはぷらぷらしていただけでほかは外食もしていないので近所ふらついてただけか・・・。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました