米長期金利1.8目前に。今後の2022タイ在住者の投資計画まとめ。

にほんブログ村 株ブログ タイ株へにほんブログ村 ダイエットブログへにほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

在タイ 資産運用
スポンサーリンク

今年2022年の投資計画はどうしようかなぁと思っている方へ。

タイ株のほうがいいんじゃないか?とか、

タイ国内の投資信託で米指数に乗ったほうがいいんじゃないか?とか、

結局どっちがいいんだろうということで、比較してみました。

背景は、ついに米国長期金利が20年1月20日水準に到達している。

Covidによる空白の2年が戻ってきたと取っても問題なくなって来ていると見れる一つの指標。

大規模な金融緩和を終え、金融政策の縮小を開始すると発表されている現在。

この状況で各国の近況はどうかというと、タイ市場は経済打撃のイメージよりももっと堅調。

思っていたのと違う結果。

ダウが16%上昇と直近1年で成長している中で、SETは11%と検討してる。

ただ、ベトナムはもっと健闘してる。20−30%上昇。

こう見て単純比較すると、まず日中香への投資は控えるべきと。
αを取るならタイ住である以上タイ株、税制面で少々ハードル上がってもチャレンジしたいなら米個別株。
βは相変わらず米指数で投信が一番手の選択肢。2番手の選択肢は海外口座開いてドル建てで米指数積立。
後者は少しハードルが高いイメージ。
特にドルバーツがバーツ安に振れてるのでそのリスクを投信で投資時点で許容するか未来の取り崩し時点まで許容し続けるか、の差。
まとめると、
めんどくさがりの私は、
米指数への投信一本コツコツと。
結局これでいい気がしてる。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました